1分で1冊!なるほど読書カフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS 不思議な不思議な色彩おもしろ辞典(松岡 武)

<<   作成日時 : 2006/10/21 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【こんな人にオススメ】
 色使いの方法をマスターして日常生活に役立てたい人。色使いで相手とのコミュニケーションをよくしたい人。

【本の気持ち】
 松岡さんは東京文理科大学心理学研究科修了後、山梨大学などを経て、1963年、カラーシンボリズム法に関する研究で東京教育大学文学博士の学位を取得。著書に「決定版 色彩とパソナリティ」などがある。

 この本には雑学的なことから、学術的なことまで色彩に関するさまざまな情報が登場してくるので、ここで少し紹介したい。

○色には重さがある。
 重い順に書くと、黒、青、赤、紫、橙、緑、黄色、白の順となり、黒は白の2倍重く感じられる。

○白は基本的には人間関係を阻害する色で、白い服の女性はどんなに美人でも、そっけなく 感じられる。(初めてのデートには気をつけよう)

○暖色系の部屋は時間が長く感じられ、寒色系の部屋は時間が実際よりも早く進むように感 じられる。

○家中の色を変えたら、1ヶ月でお驚べき変化が・・

○仕事のミスを減らす、オフィスの色彩調整。

○勉強机の色を変えると子供のやる気が変わる。

○好きな色より、嫌いな色に本当の心が表れる。

○嫌いな色で分かる深層心理。

 などなど、辞典というだけあって、カラーコーディネートから心理学まで幅広い色彩ネタが収録されていて面白い。
 
 著者が色彩学の専門家の入門書としても勧めているくらいだから、見かけ(文庫)によらず、
かなり内容の濃い本だと思う。

【僕の気持ち】
 色について、日ごろなんとなく「そうかなー」と思っていたことが、明確に分かった。
 色にちょっと気を使うだけで、雰囲気や気持ちを変えることができるんだ。
 そうだとしたら、色を自分の味方にしたいよね。

                               【オススメ度】★★★★(色の入門書)

不思議な不思議な色彩おもしろ事典―色彩の魔術を知っている?色を選ぶ“プロの技”
不思議な不思議な色彩おもしろ事典―色彩の魔術を知っている?色を選ぶ“プロの技” (王様文庫)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不思議な不思議な色彩おもしろ辞典(松岡 武) 1分で1冊!なるほど読書カフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる