1分で1冊!なるほど読書カフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS 10歳から起業すると決めていた(鶴岡秀子)

<<   作成日時 : 2006/10/23 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【こんな人にオススメ】
 絶対起業するぞ、と心に決めている人。私なんか絶対起業できないと考えている人。

【本の気持ち】
 鶴岡さんは、大学卒業後、大手流通会社に1年勤務。その際に、小さいお店の20人分の売り上げを1人で達成。その後コンサル会社を経て、ITベンチャーを起業。伝説のホテルを設立する準備を進めながら、コンサル会社を経営。そのホテルの夢も実現しつつあるというパワフル女性実業家。

 鶴岡さんは小さいときに「吉野家チェック」が趣味だったという。お客さんの数や、客単価、回転率から、売り上げはいくらだね。従業員が多すぎるかも・・・なんてやってたそうだ。
 どうして起業家になりたいの?と聞かれたとき、2つの理由を答えているという。

 一、勉強があまり好きではなかった。
 二、父が事業家だったから。

 と答えるという。実際、父親から経営や事業について、例えば、お金を返す優先順位銀行からたくさんのお金を借りる法一番と二番の違い松竹梅では竹は選ばないなど、様々なことを学んだということである。

 社会人になった鶴岡さんは、喜々として仕事をこなして、売り上げを伸ばしていく。
 その理由を鶴岡さんは、ウサギとカメのたとえを例に出し、ウサギはカメに勝つことにフォーカスしたけれども、カメは頂上にたどり着くことにフォーカスしたからだという。
 そのときの彼女のフォーカスが経営であつたから、つまり「もし私が店長だったら、もし私がオーナーだったら」、と常に考えていた結果だった。

 彼女の考え方は、どこまでもポジティブ。

 物事に対して「苦手なので」といったとたん、もうしなくていい気分になる。「未熟なので」といえば、今はできませんが、ご依頼いただいたからにはやりましょう。ということになる。

 顧客満足という言葉があるが、彼女は「EXCEED」Exceeding Client Expectations Every day
 つまり、予想を上回る成果を上げる、ということを学んだのだという。

 このように鶴岡さんは、いつか起業のためにという大きな目的に向かって、押し寄せてくる仕事を将来のための””としながら、次々と夢を実現していくのである。

 最後に彼女のモットーを3つ。

 ・オープンマインド

 ・Fun&Happy

 ・常に少し上にチャレンジする

【僕の気持ち+α】
 いやーすごい。彼女の周りはいつもパワーと人をひきつけるオーラがあるのだろうと思う。
夢を持っているから、やってくるものはすべて夢の実現のためにある、と前向きに考えられる。
 起業を志す、特に女性に読んでほしい本である。

                          【オススメ度】★★★★★(夢を引き寄せる力)
10歳から起業すると決めていた 30代で年商14億を達成した私の仕事術
10歳から起業すると決めていた 30代で年商14億を達成した私の仕事術

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
10歳から起業すると決めていた(鶴岡秀子) 1分で1冊!なるほど読書カフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる