1分で1冊!なるほど読書カフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS メール道(久米信行)

<<   作成日時 : 2006/10/27 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【こんな人にオススメ】
 今よりもっと心の通じ合うメールを書きたい人。

【本の気持ち】
 久米さんは1963年生まれ。家業である久米繊維工業の3代目代表取締役。
 久米さんはある日、メール道の修行をかねて、お付き合いのある縁者に一斉同報メールを送付することを思い立ち、日々感動したことなどを月曜から金曜まで8年間書き続けた。縁者が増え続け900人ほどになったそうだ。

 eメールでは顔が見えない、声が聞こえない分だけ、本心を伝えるのは難しい。
 しかし、携帯の一言に感動し、泣き笑いすることもある。文章の書き方や文書術だけではなく、メールを出す人も読む人も、心が弾み、より理解できるための深いメールのやり取りができる「メール道」とする。

 久米さんは、この本の中でメール道で得られる7つのご利益や23心得、さらに8つの作法を紹介してくれる。まさにメール道実践編なのである。
 
 ご利益
 ・お金がいつしか得られる。
 ・時間を生み出す
 ・友人・縁者と出会う
 ・ライフワークが見つかる
 ・信条が深まる
 ・健康を保つ

 心 得
 ・デジタルだからこそ人柄がにじみ出る
 ・読まずに捨てくなるメールとは?
 ・素早い返信で親愛の情を示す
 ・書き加える一行が心をあたためる
 ・和言愛語
  ・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・

 作 法
 ・一行で結論と人柄が伝わる題名の書き方
 ・ メールの本文は結論から書き始める
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・

【僕の気持ち+α】 
 とにかく、単なるハウツーメール本以上のインパクトがある。”道”というだけあって、気持ちの入り方が全然違うような気がする。
 現実においては、心の通わぬビジネスライクなやりとりや、いかがわしい誘いのメールなどの何と多いことか・・・
 メールの形も大切だし、きちんと心を込めて書きたい、感動を共有したいと思う人は一読して損はなし。

               【読んでよかった度】★★★★☆(技を使わせていただいてます。)

メール道
メール道

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メール道(久米信行) 1分で1冊!なるほど読書カフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる