1分で1冊!なるほど読書カフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS 話を聞かない男、地図が読めない女(アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ)

<<   作成日時 : 2006/10/04 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

【こんな人にオススメ】
 異性をもっとよく知りたい人。夫婦や恋人とのコミュニケーションがうまくいっていないと感じている人。

【本の気持ち】 
 この本は、何年か前に日本でもベストセラーになったので、読んだ方も多いと思うけれども、読んでない人のために少し紹介します。

 この本は、いわゆる男脳・女脳の話です。

 人間も所詮動物であり、大昔、外での狩猟は男の仕事、家事や子を守るのは女の仕事だった。現代の人間もその遺伝子を受けついでおり、男と女では、右脳と左脳の働きかたが違ったり、男に優れた機能があり、女に優れた機能がそれぞれある。

 男と女に関わらず、どんな職業分野でも機会は平等に与えられるべき。
 男と女が違うことは、不平等ということではない。平等とは、やりたいことを自由に選べるということだ。男女が必ずしも同じことをやりたがらない、それはちがいである。
 そして、男女とも良好な関係を築いてほしい。

 これがこの本で言いたかったことではないかと考えます。

 女脳は、右脳と左脳の行き来が活発で、ロジックよりも感覚に勝っている。
 男脳は専門分野ごとにはっきり分かれている。その専門分野が突出することがあり、いわゆる天才が生じやすい。

 この本では他にも、空間能力、思考、感情、恋愛、セックスなどの性差(脳差)について、
様々な考察を行い、男と女の関係をスムーズにするヒントが書かれています。

【僕の気持ち+α】 
 男と女違いについて、なるほど、と思わず納得するところも多い。
 特にビジネスにおける女性の役割についてに記述が興味深かった。
 
 「従来の組織。男だけの階層社会が出来上がっていてカリスマ的な指導者が仕切っている。
 上層部で権力闘争がおこり、そこには自発的、直感的なアイデアが入る余地はない。
 組織が戦略的に動き、人材をうまく活用するには、チームワークと相互協力を重んじる女的な価値観がはるかに適している。
 もちろん、男が女っぽくなったり、女が男勝りになる必要はなく、時と場合によって、男的価値観、女的価値観を使い分けたほうがいいということだ。(一部省略)」

 なるほど、強力なトップによる縦型組織から、フラットなネットワーク的な社会になるつつある今、女性的価値観をいかに活用するかが、成功のカギを握る?
                        【オススメ度】★★★★★(ここは押さえておくべし!)





話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く
話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして!
私も、この本読みましたよ。
とてもわかりやすく、参考になりますよね^^
冷蔵庫の話は、まさにうちの両親でした。
misa
2006/10/04 22:24
はじめまして♪

この本はまだ読んだことが無いので読んでみようと思いました(*^^)v

男と女の考えかたは全然違いますからね・・・

異性の考えを知ってあげるのは難しい(汗
◆ジェン◆
2008/07/03 01:34
misaさん、ジェンさんコメントありがとうございます。
この本もなかなかですが、男女の心理については、ジョン・グレイ
博士の一連の本も深いと思います。
saito-ringo
2008/07/05 13:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
話を聞かない男、地図が読めない女(アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ) 1分で1冊!なるほど読書カフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる