1分で1冊!なるほど読書カフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS これからの10年 団塊ジュニア1400万人がコア市場になる!(三浦 展)

<<   作成日時 : 2006/11/19 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【こんな人にオススメ】
 これから団塊ジュニア世代をターゲットに考えている人。これまでとは違った視点でマーケティングを考えてみたい人。

【本の気持ち】
 三浦さんは1958年生まれ。消費社会研究家。マーケティング・プランナー。マーケティング情報誌「アクロス」編集長など。

 社会の構造的な問題は人口だ。少子化、高齢化は歯止めがかからない。2006年以降は総人口が減少する。つまり、市場が減少することである。不特定多数の消費者を相手にしてきた企業は即、売り上げの減少につながる。
 逆に高い満足と高い付加価値を提供する企業は今後も成長する。

 真に消費者の心理を分析し、消費者の必要とするものを調べ、提供するためのマーケティングが求められている。

 これからのマーケティングは、少子高齢化、人口減少化を踏まえ、物質面だけではなく、精神面も含めた最適な豊かさを実現するためのマーケティングである。
 ものの不足よりも人と人とのコミュニケーションやコミュニティの不足から来る不満を補うマーケティングである。つまり、「リスク社会」における「ケア市場」が重要になる。

 これからの市場では、市場の主役である団塊世代と団塊ジュニア世代に対するマーケティングが特に重要である。
 これを読み違えると大変な失敗をおかすことになる。
 キーワードは、マイベストライフ、自己最適化、デザイン戦略、限定品戦略である。

 これから伸びる9つのサービスとは!?

【僕の気持ち+α】 少子化が進む、高齢化が進む、未婚化、晩婚化が進み、格差社会でパラサイト世帯が増える。団塊世代は自信の世代。成功体験を持ったまま、会社いう枠から押し出される。高度成長が終わり、バブルの後は不安な時代。自信がない、明るい未来の見えない不安な世代。団塊ジュニアは、パサライト世代。多くは望まないが自分にフィットするライフスタイルを志向する。
 自分だったらどんなものを買いたいか?どんなライフスタイルで生きていくか?
 よ〜く考えてみよーっと。
                  【読んでよかった度】★★★★(あなただけにちょうどいい!)

これからの10年 団塊ジュニア1400万人がコア市場になる!―マーケティング戦略の狙い目はここだ!
これからの10年 団塊ジュニア1400万人がコア市場になる!―マーケティング戦略の狙い目はここだ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これからの10年 団塊ジュニア1400万人がコア市場になる!(三浦 展) 1分で1冊!なるほど読書カフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる