1分で1冊!なるほど読書カフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS ブルーオーシャン戦略(W/チャン・キム他)

<<   作成日時 : 2007/01/31 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【こんな人にオススメ】
 新しい市場を開拓し、売り上げを伸ばす戦略を知りたい人

【本の気持ち】
 レッド・オーシャンでは各産業の境界線はすでに引かれていて、誰もがそのルールの下、限られたパイの奪い合いをして、しのぎを削っていく。競争により市場は赤い血潮の染まっていく。
 
 これに対して、ブルーオーシャンは、未開拓な市場を発見し競争の無い市場で絶対的優位を築くのである。

 既存市場の枠組みで他社競合に打ち勝つのではなく、バリューイノベーションによって競争の無い未知の市場を開拓していくのである。

 ブルーオーシャンに欠かせないツールとしていくつか紹介されている。

 アクション・マトリックス(増やす、付け加える、減らす、取り除く)

 市場の境界を引きなおす(代替産業に学ぶ、業界内の他の戦略グループから学ぶ、買い手グループに目を向ける、補完サービスを見渡す、機能志向と感性志向を切り替える、将来を見通す・・・の6つのパスを使う)

 細かい数字を気にせず、森を見る

 正しい順序で戦略を考える

 組織面のハードルを乗り越え、ブルーオーシャンを実行する

 これまでもiPod 、デルなど様々な企業がブールーオーシャンとしての新しい市場を開拓して著しい成功を収めている。

 【僕の気持ち+α】
 従来の市場の枠組みの中で、従来どおりの戦略、例えばシェアNo1になる、といった戦略を立てるとレッドオーシャンからは抜け出ることが出来ない。
 新たな市場を見つけるためのフレームや考え方が紹介されていて興味深い。
 例えば、氷結なんかもチュウーハイという市場から抜けだしたブルーオーシャンではないだろうか?かなり研究してみる価値あり?

【読んでみてよかった度】★★★★(市場の創造)
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する
ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブルーオーシャン戦略(W/チャン・キム他) 1分で1冊!なるほど読書カフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる