1分で1冊!なるほど読書カフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界No1コーチが教える!できるリーダーのための奇跡のコーチング(グラハム・アレクサンダー)

<<   作成日時 : 2007/02/19 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【こんな人にオススメ】
 アメリカをはじめ世界のCEOが、世界屈指のコーチからどんなアドバイスを受けているか、CEOの置かれている環境や悩みを知りたい人。悩めるCEOの方。

【本の気持ち】
 アレクサンダーさんは世界屈指のコーチとして、世界中の大企業のCEOなどに25年で200社、3万人と対話をしている。 
 そのカリスマコーチが明かす、知恵や知見、教訓がいっぱいつまっている本である。

 「実をいうと、これについては誰とも話し合ったことがないのだが・・・・」多くのCEOが孤独といえる状況にある。  コーチとして、彼らの夢や疑念、恐れ、強み、弱み、困難、ジレンマ、ストレスにまつわる話を聞いてきた。

 「素直さ」と「正直さ」は、自己の能力を開発し、最高の実力を発揮する鍵となるのである。

 最初はコーチングなど信用せず、拒否されるケースもたくさんあったという。 
 それでも、コーチは様々な質問を投げかけ、クライアントがもっている困難なこと、心配なことを一つ一つ明らかにしていく。

 「あなたにとって人生は何のためにあるのか?」
 「あなたはどんな人間か?」
 「隠していることは何か?」
 「恐れていることは何か?」
 「他人はあなたをどう見ていると思うか?」
 「あなたと部下にとって重要なことは何か?」
 「仕事量を減らしたらこうなるか?」
 「あなたにしかできないことは何か?」

 それこそ、この本の中で、何十という質問していく。

 その過程で、彼らは自分が本当は何をしなければいけないのかに気づき、進むべき方向、とるべき手段を発見していく。

 できる人、すばらしいCEOと呼ばれている人たちでさえ、大きな責任というプレッシャーにさらされ、いつか自分が賞賛されなくなりはしないか、と恐れを抱いている。

 コーチングのすばらしさというより、CEOたちの置かれた立場や状況がヒシヒシと伝わってくる本です。

【僕の気持ち+α】
 コーチはCEOとのセッションの中で、ここに紹介されている何十もの質問を、自由に操り、的確に相手の気持ちを引き出していく。100人いれば100人違うCEO達を相手に、その力を引き出していくのは並大抵なことではないことが、この本を読んで伝わってくる。
 優秀なCEOといえども、やはり人間なんだな、と思わせてくれた一冊でした。

【読んでみてよかった度】★★★★(CEOも楽じゃない)
できるリーダーのための奇跡のコーチング
できるリーダーのための奇跡のコーチング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界No1コーチが教える!できるリーダーのための奇跡のコーチング(グラハム・アレクサンダー) 1分で1冊!なるほど読書カフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる