1分で1冊!なるほど読書カフェ

アクセスカウンタ

zoom RSS 458 フラット革命(佐々木敏尚)

<<   作成日時 : 2007/12/17 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

インターネットの登場でマスメディアがフラット化している。
これまでは、新聞、テレビ従来のメディアが世間のオピニオンリーダーとして、
世論をリードしてきた。

ところが、インターネットの登場で、誰でもが見たこと、感じたこと、考えたこと
を自由に、全世界に向けて発信できるようになった。
これに対し従来のマスメディアは、これまでの権威を守ろうとする。

これがフラット化の一つの現象である。
本書では、ある事件に対して、あるときは、新聞よりもより正確に、論理的に、
専門的に事件の本質を見抜くアルファブロガーの存在や、
 また、2チャンネルを始めとするゴミのような情報の氾濫や、悪意で世論を
誘導する人の存在を紹介しながら、ネット社会の課題や問題に切り込む。

フラット化する情報社会で「公共性」をどう確保するか?
誰が責任を持つのか?

著者、渾身の一冊です!

[読んでみて]
正直、ネット社会の公共性なんて、誰も考えて考えていなし、社会システム
として構築しようと考えていないのはないか?
本書の中にその明確な答えはないけれども、問題意識たっぷりの入った本でした。
★★★★
フラット革命
フラット革命

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
458 フラット革命(佐々木敏尚) 1分で1冊!なるほど読書カフェ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる